サヤ取り FX 米ドルの稼ぎ方とは?

 米ドルでのスワップポイント差益を利益とするトレード技術を説明します。利益の大きさはスワップポイントの差額に比例します。スワップポイントの差額は取り扱うFX会社の数日本円との金利差の2つが要点になります。

 日本円との金利差について説明します。金利は先進国ほど低く、新興国は高くなりますので、アメリカは日本と共に先進国であり、米ドルの金利は日本同様に低く、日本円との金利差は他の新興国の通貨と比較すると大きくはありませんが、その少ない金利差を補うメリットとして、取り扱うFX会社の数が最も多いことが挙げられますので、サヤ取りに適した通貨といえます。このメリットと米ドルは世界で最も信用されている通貨ですので、米ドルはFXサヤ取りに適した通貨といえるでしょう。

なぜ「取り扱うFX会社の数」が多いとサヤ取りに適しているのか? スワップポイントの比較対象が増えるから

 スワップポイント差益は買いスワップポイント売りスワップポイントの差になりますので、1つのFX会社でトレードするよりも、高い価格の買いスワップポイントを設定しているFX会社と、低い価格の売りスワップポイントを設定しているFX会社の2社を選定した方が、より多くのスワップポイント差益を得ることができます。米ドルは取り扱うFX会社が最も多いため、他の通貨に比べて選択できるFX会社が多いことがFXサヤ取りに適した通貨である理由です。

 買いスワップポイントにおいて高い価格を設定しているFX会社
  →GMOクリック証券
 売りスワップポイントにおいて低い価格を設定しているFX会社
  →みんなのFX、DMM FX

米ドルサヤ取りは初心者・アマチュアトレーダーに適している理由は? 価格変動が少ないから

 米ドルは経済大国第1位の米国の通貨であり、他の新興国の通貨に比べて価格変動が少なく、他の通貨ペアに比べると薄利ではありますが、急騰急落による想定外の値動きをすることがないので、初めてFXサヤ取りを行う初心者・アマチュアトレーダーでもローリスクな為、精神的プレッシャーが少なく、堅実に利益を積み重ねることができます。

 但し大統領選挙の前後や戦争、リーマンショックやコロナショックのような世界規模の異常事態の際には注意が必要です。これらのタイミングでは決済注文を行いポジションを持たず、動向を見極めることが堅実なトレードといえるでしょう。

米ドルの特徴

 世界の基軸通貨であり最も取引量が多い米ドルは、最も信用度の高い通貨である為、アメリカ国外でも国際的な金融取引の決済に多く使用されてます。現在軍事力、経済力ともに世界トップであり、今後も金融分野、IT分野、軍事技術のどれを取っても高い潜在成長性を有してます。価格変動は比較的低い、流動性が高い、取引量が多いことや、変動材料がニュースやSNSで簡単に得ることができるのでトレード対象として最も安心できる通貨の一つです。